catwalk / ファッションモデルウォーキング 美しい姿勢と歩き方の紹介

airamodel.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 20日

美しい姿勢/モデルウォーキングの基本姿勢

b0124525_12541251.gif モデルという仕事に限らず、日常生活の中でも正しい姿勢はとても大切なことです。姿勢が良くなると容姿や健康面にも良い影響を与えます。
 背筋を伸ばして姿勢を正していると内臓を保護している腹筋を強め内臓の働きを活性化させ消化やお通じを助けますのでお肌のツヤなど美容にも大変役立つのです。ここで紹介しているのはモデルポーズやウォーキング時の基本になる姿勢ですが、どなたでも応用出来ますのでぜひ試してみて下さい。

【基本の姿勢】
 基本の立ち方は左図のように壁を背にして立ったときに背、お尻、踵(かかと)の一部(矢印参照)が同時に壁についている状態をイメージします。身体に覚えさせるためにお出かけ前とか、仕事の合間に壁を利用して行って(チェック)ください。普段歩くときもこの姿勢を意識しましょう。これを続けていると自然と姿勢が良くなり=プロポーションが良くなるのです。自分ではなかなか実感がないかもしれませんが、友達や身近な方にときどきチェックしてもらうようにしましょう。

【バストアップ効果】
b0124525_12544017.jpg モデルにとってもバストラインはウェアのシルエットを美しく演出する上で大切なチェックポイントになります。右のように背中にある肩甲骨(けんこうこつ)を内側に絞るようにするだけで姿勢(背筋が伸びる)が良くなり、その場でバストアップできます。

 とくに普段姿勢が悪いなあと感じているの方はぜひ試してみてください、たったこれだけのことで今までよりも健康的で明るい印象になりますよ。

【ワンポイントアドバイス】
  街を歩いている人を見ていると姿勢の悪い人が多いことにビックリします。その中には若い女性も含まれますが、とくに背の高い女性(とくに170㎝以上)の中には背が高いことにコンプレックスを持っている方もいるのです。普段でもなるべく目立たないようにと無意識の内に背中を丸めていることが多かったりするようです。このことは、姿勢を悪くするばかりでなく消極的な印象を与えマイナス面ばかりが表面化してしまいます。

 背が高いということは同時に手足も長いわけですから、そのプロポーションを活かして背筋を伸ばしさっそうと歩いてごらんなさい、ぜったいかっこいいですよ。実はファッションモデルの中にもこんなコンプレックスを持ってた人も多いのです。さあ、自信を持って素敵なあなたを発見してください!

Fashion Model Walking / 美しいポージングとモデルウォーキング
[PR]

# by modelwalking | 2008-02-20 12:49 | ファッションモデルウォーキング
2008年 02月 19日

ファッションモデルのポージング

b0124525_135204.gifb0124525_1353345.gifb0124525_1354522.gifb0124525_1355514.gif


 立ち姿を美しく見せるにはリラックスしたポーズがポイントになります。この図はモデルポーズの状態と基本の足型です。左右どちらになっても体重は三点の赤い部分に置くようにします。そして体重をかける割合は、前に出ている足には軽く、体重のほとんどは後ろにある足にかかるようにします。また肩の力を抜いて自然体で立つようにしましょう。歩き出す時は前に出ている足のつま先を進行方向に向けて踏み出すようにしましょう。

 O脚ぎみの人は前に出ている脚の膝を軽く曲げて少し内側に寄せるようにして立つと正面から見てもキレイなシルエットになります。ただし体重の大部分を支えている後側の脚の膝はまっすぐ伸ばしておきましょう。

 そして最後に視線の先を前方に定め、軽くアゴを引き“背筋を伸ばし”たら、モデルポーズの出来上がりです。腕や手の位置は自由です、コスチュームや雰囲気に合わせて自分なりのバリエーションを考えてみましょう。

 リラックスした状態で立っていられるように何度も繰返して身体で覚えてください。また写真撮影の場合、少しハス(カメラに対して斜め)に構えると細く見えますので試してみて下さい。

※背筋を伸ばす→背中の肩甲骨を互いに内側によせると自然と背筋が伸びます(なんとバストアップにもなるんです)=姿勢が良くなる。またここで言う正しい姿勢とは壁を背にして立ったときに背、お尻、踵が同時に壁についている状態のことを指します。

【ワンポイントアドバイス】
  どうせ私なんかって諦めてはいませんか?まあそう思わずに騙されたと思って一通り試してみてください、きっと今までよりもプロポーションを美しくみせることが出来るはずです。しかもこれを定期的にトレーニングしているとダイエットも出来ちゃうのです。一流と言われるファッションモデルは食事にもとても気を遣いますが食べないでスリムなプロポーションを維持しているわけではありません。むしろ普通の方よりもたくさん食べる人もいるでしょう。

 それなのにどうしてって思いますがそれは普段から見られる事を前提にしてポーズや歩き方に意識(緊張感)を持っているからなのです。じつはそれがダイエットにもなっているのです。通勤、通学(信号待ちのときも意識して)、スーパーでのお買い物など日常の生活の中に取り入れる事で確実にあなたは美しくなれます。適度な自意識と自己顕示欲は女性を美しくさせます、ぜひあなたもチャレンジしてみてください。

Fashion Model Walking / 美しいポージングとモデルウォーキング
[PR]

# by modelwalking | 2008-02-19 13:12 | ファッションモデルウォーキング
2008年 02月 18日

モデルウォーキングは体重移動がポイント

b0124525_13181458.gif モデルウォーキングの基本は、視線の先を前方に定め、軽くアゴを引き背筋を伸ばして歩くことです。また、腕は自然に振れるように肩の力を抜いてください。

 ポイントは腰を支点とする重心(体重)を前へ前へ送りだすように上体を前に移動させることですが、一番大切なことは接地している(体重のかかっている)方の脚の膝をぜったい曲げないことです。

 体重は左右交互にかかります。常に両脚の内ももがすれるぐらいに前後に交差しながら踵(かかと)にはできるだけ体重をかけないようにしてウォーキングするように心がけましょう。

 ただし、ヒールが低い靴やダイエットを目的にするような場合など日常のウォーキングは、踵も含めてしっかりと大地を踏み締めるように歩きましょう。

 “常に両脚の内ももが擦れるぐらいに前後に交差しながらウオーキングする”と説明しましたがこれはその解説を裏付ける写真です。わかりやすいように真正面のカットのみをピックアップしてみました。ご覧のように脚を交差するとき膝が内側に寄ってるのがよくわかります。
b0124525_1318241.jpg
 こうすると正面から見たときのシルエットがとてもキレイになります。一瞬ですが接地している方の脚で全体重を支え、全身のバランスをとっています。これは背筋と膝を伸ばしてしっかりと腰に重心を置くことで可能になります。このとき接地している(しようとしている)方のつま先は必ず進行方向か、少し外側に向けるようにしましょう。じゃないとバランスがとれずにかえって歩きにくくなるのでご注意!


※背筋を伸ばす→背中の肩甲骨を互いに内側によせると自然と背筋が伸びます(なんとバストアップにもなるんです)=姿勢が良くなる。またここで言う正しい姿勢とは壁を背にして立ったときに背、お尻、踵が同時に壁についている状態のことを指します(“基本姿勢”を参照)。

【ワンポイントアドバイス】
  ヒールがある靴を履いて膝を曲げて腰を落とした感じで歩いている方をときどき見かけますが、その状態で歩き続けると腰や膝に負担がかかり関節を傷めたりするので非常に危険です。足に靴が合わなかったりすると無意識の内に不自然な体勢になってしまうこともあります。新しく靴を購入するときはデザインばかりに捕らわれず履きやすく疲れない靴を選びましょう。自分では気付かないこともありますので友人などにときどきチェックしてもらいましょう。

 モデルがステージ上でウォーキングするときにはストライド(歩幅)を大きくして足を長く見せたり、スピード感を演出したりします。人間の歩行には腕の振り(肩の部分も含む)は欠かせません、なぜなら腕を振ることでバランスをとってまっすぐ歩くことが出来るのです、もちろん同じ側の足と腕を一緒に出してはまっすぐ歩けませんよ。

 したがってストライドを大きくとればとるほど腕(肩の部分を含む)の振りも大きくなります、モデルがウォーキングするときに肩が前後に少しオーバーぎみに動くのはそれです。ストライドを大きくしたいときは腕の振りも大きくすると出来るようになりますので試してみてください。

 それから、体中のバネを使いながらさっそうと歩くことで、筋肉が引き締まり、脂肪も効果的に燃焼されるのでダイエットにも有効です。また、大股で、ヒザをしっかりと伸ばし、背筋を伸ばして姿勢よく歩くことは健康面や美容面にもよい影響がありますのでぜひ挑戦してみてください。

Fashion Model Walking / 美しいポージングとモデルウォーキング
[PR]

# by modelwalking | 2008-02-18 13:17 | ファッションモデルウォーキング
2008年 02月 17日

ターン(方向転換)はエレガントに

 ウォーキングをしていると必ず方向転換が必要になります。
 ここで紹介するのは180度方向転換、つまり今歩いてきた方向にまっすぐ戻るためのターンです。ウォーキングの途中でターンしようとするところからの動作を図であらわしてあります。この図は右足からですが、左足の場合はこの逆になります。
 基本的に左右どちらでもかまいませんが、振り付けがある場合はその指示に従ってください。
b0124525_13263089.gifb0124525_13264063.gif

1.右足を左足の前に体重移動しながら出す。

2.左足のつま先に突っかけるようにかぶせた瞬間、赤い点のあるつま先を軸に左右の足を同時に回転を始める。

3.左右の足はできるだけ接近させながら、いっきに160度ぐらいまで回転する。

4.完全に回りきったら、前に出ている左足を体重移動しながら右足の後側に持ってきて体重をゆっくり左足に移動させます。

5.ターン完了時の足のポジションです。これはウォーキングをスタートさせる時のポーズの状態まったく同じです。

★回転するときは足元→下半身→腰→上半身→顔→目線の順に動かすようにしましょう、こうすることによって身体全体を柔らかくエレガントに見せることができます(しなやかに流れるような動きが理想です)

※赤い点は体重のかかるポイントです

Fashion Model Walking / 美しいポージングとモデルウォーキング
[PR]

# by modelwalking | 2008-02-17 13:24 | ファッションモデルウォーキング
2008年 02月 16日

脚を美しく見せるコツ

b0124525_13505157.gifb0124525_1351216.gifb0124525_13511567.gif
 ちょっとした工夫であなたの脚をさらに美しく見せることができます。ソファー(イス)に座るときなどには上のイラストのように左右どちらでも良いですから、足先を揃えできるだけつま先を伸ばし斜に流すようにすると美しく長く見せることが出来ます。つまり足首を伸ばすことで臑(すね)を長くするのです。

 通常、踵を床に付けた状態のベタ足を正面から見ると膝頭から足首までの長さ(いわゆるスネの部分です)しかありません。それをヒールの高い靴を履いたりして足の甲の部分も露出して長く見せます。よくパンプスと呼ばれている靴は足の甲が露出するようにデザインされています。さらにヒールが高ければ高いほど臑の部分が延長して脚全体が長く見えるのです。

 また、腰から足先まで同色系にまとめることで脚がより長く見えます。これはクラシックバレエのトゥシューズやフィギアスケートでも応用されてますね。またハイレグの水着も同じような効果ですね。

【ワンポイントアドバイス】
 このときの上体の姿勢はできるだけ背筋を伸ばし(背もたれのない場合でも)、ソファー(イス)などに深く腰掛け、背もたれに背の一部がついていたほうがベストです。慣れないうちはちょっとつらいかもしれませんが何ごとも慣れです。座る部分の位置が高ければ両脚を垂直に揃えて(清楚で上品に見えます)もかまいません。脚を組んだ右のイラストは上級者向けですが、大人の女を演出したいときに挑戦してみてはいかがでしょう。ただしあくまでも上品に振る舞いましょう。

Fashion Model Walking / 美しいポージングとモデルウォーキング
[PR]

# by modelwalking | 2008-02-16 13:48 | ファッションモデルウォーキング
2008年 02月 15日

美しい表情は目から

 目は顔全体の表情の要となる大切なアイテムです。目の動きで表情の善し悪しがでてきます。ファッション・ショーでもヘア・ショーでもモデルの目の動きは常に注目されます。
 与えられたテーマをステージの上でより良く演出するのはモデルの仕事ですが、活き活きとした目は観客に好印象を与えるばかりでなく、テーマ(着ているコスチュームだったり、ヘア・デザインだったり)そのものが活きてくるのです。
b0124525_13562470.gif

 日頃から目や口元の運動を欠かさないようにして顔の筋肉をたくさん動かしましょう。目線の上下左右、回転運動などに加え、目を動かしたり瞼の開閉する速さにも工夫をして表現豊かな表情を意識して作れるようにしてください。
 普段でも相手の目を見てお話をしたり、聞いたりしましょう、印象的な目はあなたの美しさを際立たせます。

【ワンポイントアドバイス】
  鏡に向かって表情豊かに一人芝居(大袈裟なくらいに)をしてみるのも練習になりますよ、ただしそばに誰もいないときにする事をお薦めします。それから日常の動作をパントマイムで表現するのも練習になります。
 いくらメイクが上手でも表情が固まってると感情のない能面のようになってしまいます(けっこう見かけます)、毎日の洗顔のあと2,3分のトレーニングがあなたの魅力をアップします。(梅干しのすっぱい顔→驚きのビックリ顔→梅干しのすっぱい顔と繰り返しても運動になります)

※“目をとじて口をすぼめて大好きな彼にキスをおねだりする顔~♪→大好きな彼からいきなりキスされたときの嬉しい驚きの顔~♪”などに替えてみるとトレーニングが楽しくなりますよ!

 最後に、モデルは歯の白さと歯並びのキレイさが絶対求められます。目元も大切ですが口元の清潔感はモデルの命です。プロポーションや美しい顔も、歯が良くないとすべてがマイナスになってしまいます。気になる人はできるだけ早い内に矯正しましょう。お金はかかるかもしれませんが美しさを追求するなら絶対不可欠なことです。

 日本人と比較して欧米人は子供の頃から歯の矯正をしますので歯並びがキレイな人が多いですね。社交的な欧米人はマナーとして歯の矯正を考えているのです。モデルじゃなくてもぜひ検討するべきでしょう。どんな高級なブランド品を身につけて着飾っている人よりも、白くキレイな歯並びを身につけている人のほうがきっと上品でゴージャスに見えると思いますよ。

 私の知り合いでも歯並びを矯正してから笑顔が素敵になり性格まで明るくなってすっごく綺麗になった方がいます。きっと人生が変わると思いますよ。

Fashion Model Walking / 美しいポージングとモデルウォーキング
[PR]

# by modelwalking | 2008-02-15 13:55 | ファッションモデルウォーキング
2008年 02月 14日

ファッションモデルとファッションショーについて

▼ファッションモデル/Fashion Model
 ファッションモデルとは主にファッションデザイナーの作品やファッションメーカーが発表するウェアや関連グッズを身に着けて、ファッションショーやファッション雑誌に登場するモデルのことを指す。商品の特徴や魅力をより効果的に見せるために表情、ポーズ、ウォーキングなど専門的なトレーニングを受けることが必要になる。普段から適正なプロポーションを維持するためにダイエットやトレーニングを継続的に行なわなければならない。

 また、一般教養の他にも映画、音楽、芸術、ファッショントレンドなどの情報や知識にも敏感であることも大切。さらに海外で活躍する場合には英語はもちろん、フランス語やイタリア語など母国語以外にも数カ国語をマスターすることが必須。世界を舞台に活躍するスーパーモデルは年収数億円と言われている。ファッションモデルになるにはモデルエージェンシーのスカウトや各種のオーディションに応募することが一般的。

▼ファッションショー/Fashion Show
 ファッションデザイナーやアパレル・メーカーが、ウェアやアクセサリーの新作発表のために行なうショー。照明や舞台美術に凝ったステージショーや、コンパクトなスペースで行なうフロアショーなどがある。パリ・コレはファッションデザイナーが開催するオートクチュール(高級注文服)のショー。一般的にはプレタポルテ(高級既製服)が多く、水着や和服などのショーもある。

▼モデルウォーキング/Model Walking
 ファッションモデルが身に着けたウェアやアクセサリーをステージなどでより美しく見せるための歩き方。背筋や膝を伸ばした姿勢でさっそうと歩くモデルウォーキングは適度な緊張感が伴うのでシェイプアップやバストアップにも効果を期待できる。

▼モデルエージェンシー/Model Agency
 モデルを希望する新人をスカウトしたり、専門的な知識やトレーニングなどを指導しモデルとして自立するまでの過程を一貫してサポートするところ。同時に所属モデルの営業やマネージメントなども担当する。日本では、マネージメントに関して厚生労働省の有料職業紹介所の認可申請が必要になる。一般的にはモデル事務所、モデルクラブと言うことが多い。

 欧米では、ファッションモデルになりたい人は専門の学校などで自主的にポーズやウォーキングのトレーニングを行ない、宣伝用の写真なども自分で用意し、マネージメントだけモデル・エージェンシーに依託するケースが一般的。

Fashion Model Walking / 美しいポージングとモデルウォーキング
[PR]

# by modelwalking | 2008-02-14 13:57 | ファッションモデルウォーキング
2008年 02月 13日

ファッションモデルの心得とは

【美しさを支えるもの】

 ファッションモデルの日常の生活態度はその仕事面の華やかさに反して以外と慎ましいのです。それは仕事に際して持てる能力を充分に発揮するためには普段からのケアが必要だからです。ですから表面に出てくるモデルさんの美しさは氷山に例えたら水上に出たほんの少しの部分に過ぎません。しかしそれを支えているのは水面下の大きな努力と資質なのです。

 一流と呼ばれるモデルは自己管理に厳しくないとなりません。とくに健康管理に関しては特別な配慮が必要です。何故ならば健康であるという事がモデルにとっての一番大切な仕事だからです。
 健康は美しさの源です。ですから食事、運動、睡眠、精神安定などのバランスを常に保てるように努力しなければなりません。しかもそれぞれが互いに影響しあうので正しいコントロールが必要になります。

 また、モデルは自分のやろうとしている事(仕事の内容なども含む)をよく把握してその情報収集(知識)やトレーニング(実践)を怠らないこと。ファッションや美容などの勉強はあたりまえですが、芸術(全般)などにも触れる機会を多くして感性に磨きをかけておきましょう。豊かな感性はその人の美しさを高めるのです(私的には感性は後天的だと考えております)。

 さらに付け加えるならば、今の時代、最低限の語学力(日本語も含む)は必要でしょう。とくに世界を目指そうとするならば、英語はもちろん、フランス語やイタリア語などの簡単な日常会話ぐらいはできるようにしたほうがよいと思います。コミュニケーションのとれないモデルはいずれ受け入れてもらえなくなります。

 女性の美しさって外面を整えることだけがクローズアップされてますが、本来の美しさは心も含めた“内面的な豊かさと健康”が大きく影響するものだと私は考えてます。だから周りに対する思いやりの気持ちだとか何かに真剣に取り組んでる姿こそが人(性別に関わらず)の美しさを作っていくのだなあってつくづく思います。

 いかがでしょうか。以上のことはすべてのモデルさんに当てはまる事ではありませんが、少なくても90%以上は正しいと今でも確信しています。

Fashion Model Walking / 美しいポージングとモデルウォーキング
[PR]

# by modelwalking | 2008-02-13 13:59 | ファッションモデルウォーキング
2008年 02月 12日

キレイの条件「番外編」

【自己満足も自信に 】

 見た目、つまり顔やプロポーションの造作がいいことがいい女の条件の一つかもしれないですけど、一口にいい女って云っても幅があるだろうし、男性から観たいい女と女性から観たいい女って評価が違うと思います。またその人の好みもあるだろうしね。つまりいい女の条件とはその対象者の感じ方で色々あるって事ですね。だからすべての人に好まれるいい女なんていうのはあり得ないんです。

 もしいい女を目指そうとしているのなら、ターゲットを絞りこんだ「いい女矯正プログラム」を考えなければなりませんね(^^; たとえば、セクシー系と、清楚系のどちらを選択するかによってもファッションやヘアメイクも変えた方がいいと思うし、色んな選択肢があると思います。

 それから、自分でいい女なんだって思い込むことも必要です。そう、自己暗示をかけるってことです。これが自信なって綺麗になったモデルをたくさん見て来ました。ま、何ごとも度を過ぎると逆効果になる訳ですけど、程々の自信過剰もいい女になるためには必要なことです。 また、ファッションや美容にこだわる女性は多いですが、インテリジェンスな要素も大切なんです。ぜひ教養や知識にもこだわってバランスの良い“キレイ”になってほしいですね。

 余談ですが、日本人女性の黒髪と黒い瞳と、きめ細やかな肌はまさに世界に誇る“美”なんですよ!しかも体臭も強くないですから欧米人から見たら真珠のような憧れの存在なのです。パリ・コレやミラノ・コレクションなどの第一線で活躍する日本人モデルは欧米人にはない魅力で世界のスーパーモデルと対等に競い合っています。これからもあらゆる分野で日本女性の活躍を期待したいですね(*^o^*)/~~
[PR]

# by modelwalking | 2008-02-12 14:01 | ファッションモデルウォーキング
2008年 02月 11日

照明は女性の命

【ライティングのマジック 】

 “照明は女性の命”ってヘアメイクのスペシャリストがテレビの番組の中でおっしゃってました。 そうなんです。ファッション・ショーなどのステージでは照明が演出のポイントになります。照明によって女性を美しく見せたりすることは可能なんです。CMの撮影で人物を被写体に使う場合は屋外(太陽光を反射させるレフ板というものを使ったりします)やスタジオでも照明は撮影の要です。

 シチュエーション(場面状況)によっていろいろですが、照明の工夫によって人物の印象を強調出来るのです。ステージでも撮影でも照明(太陽光も含む)の効果はモデル(女性)にとってもっとも大切なパートナーなんです。とくに日本人の顔はどちらかというと平坦なので撮影などでは真正面からよりも少しナナメ横からの光で陰影のメリハリを効果的に利用すると表情が活きてきます。もちろんシチュエーションに合ったメイクも必要ですよ。

 私の仕事(ショーの演出)の経験では女性が一番美しく(ちょっと妖艶系)見える照明の色は赤系(女性の肌がピンクになります)です。だからステージで“いい女”を演出したい場合は赤系の照明をポイントで使います。とくに女性の参加者が多いパーティ(午後6時以降)の演出では会場全体の照明を赤系にすると“いい女”が増えます(これホント!)。 もし貴女が大好きな彼とデートするときはその場所の照明(ライティング)に気をつかいましょう。
 たとえば貴金属のショップや洒落たカフェ・レストランなどは照明に工夫をしています。商品が輝いて見えるようピンポイント照明を多用します。つまり他の照明をダウンして、その商品だけを照らし浮き上がらせることで強調するのです。

 貴女のお部屋に彼(本命に限る)を招待する場合は壁を背にして彼の視界に貴女しか見えないような照明をオススメします。これは普段でも応用出来ることですが、壁などを背にして座って相対するとどんな人混みの中でも相手が自分の話に集中してくれるのです。それと同じように部屋の照明を暗めにしてキャンドルなどで貴女だけに注目させましょう。ただし、懐中電灯でやるとお化けになりますのでご注意(^^;

Fashion Model Walking / 美しいポージングとモデルウォーキング
[PR]

# by modelwalking | 2008-02-11 14:03 | ファッションモデルウォーキング